スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エディット・ピアフ/愛の讃歌 2007/10/08~10/14


「エディット・ピアフ?愛の讃歌?」を観る

ちょっと日にちが経ってしまったが、9月中に観た映画と舞台のことをメモしておこう。まずは映画のほう。 9月24日、試写会で「エディット・ピアフ?愛の讃歌?」を観た。 エディットの歌声と壮絶な人生に圧倒された。全編に流れるのは本人の歌声だ。 ...



エディット・ピアフ ~愛の賛歌~!!

それは『エディット・ピアフ ~愛の賛歌~』です。 テレビCMでも流れていたのですが、歌がとても素晴らしいです。 普段全然音楽を聴かないのですが、こういうのは大好きです。 前々職ではPOPなどが流れていましたがシャンソン、カンツゥオーネなど好 ...



現在上映中(10月13日~10月19日版)

エディットは20歳の時、名門クラブのオーナーに認められ、デビューを果たす。その時に、小さな雀を意味する“ラ・モーム・ピアフ”という舞台名がつけられた。この瞬間、不世出の歌手エディット・ピアフが誕生した。1963年に47歳の生涯を閉じる ...



「エディットピアフ 愛の讃歌」を観て来た

筋書きは「1915年、パリ下町の貧しい家庭に生まれたエディット・ピアフは、幼い頃から大道芸人の父と路上で歌いながら生活していた。成人し、名門クラブでデビューした彼女だが、オーナーの変死で挫折。特訓を積んだ彼女は復帰後、大スターとなり、米国へ ...



エディット・ピアフ ?愛の賛歌?

本物のエディット・ピアフは全く知りませんが、主演のマリオン・コティヤールが演ずるピアフ(20?47歳)の仕草や表情、歌い方も多分あんな感じの人だったろうと思います。 劇中の歌声はピアフ本人の音源を使用していますが、本人が歌っているとしか思え ...



スポンサードリンク



<映画『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』予告編>



エディット・ピアフ

昔々まだ私が青臭い青年であり、ミュージカルスターを夢見てた頃、声楽を教えて頂いていたのが、シャンソン歌手の「峰大介先生」でした。 先生から数々のシャンソンを習っておりましたが為に、シャンソンには馴染みが深く・・・・。 ...



エディット・ピアフ~愛の讃歌~

聴き覚えのある“愛の讃歌”や“バラ色の人生”のヒット曲が次々にオーバーラップする。 歌姫ピアフを20代から47歳までの生涯を演じたのは、1975年生まれのフランスの若手女優マリオン・コティヤール。 エディット・ピアフ.



第7位 エディット・ピアフ?愛の讃歌?

Lver 上映スクリーン数: 199 オープニング土日興収: 5600万円(BOX OFFICE MOJO換算)、うちメイン館の有楽座の動員/興収は3081人/385万円。 客層: 40?60代の女性中心、男女比3:7。女性同士が目立ち夫婦や男性グループも見 ...



エディット・ピアフ Edith Piaf :シャンソンの女王

エディット・ピアフ Edith Piaf (1915-1963) といえばシャンソンの女王といわれ、20世紀のシャンソン界を象徴する存在だ。その伝記を題材にしたフランス映画が上映されると聞き、大のピアフ・ファンである筆者は早速見に行った。 ...



映画「エディット・ピアフ~愛の讃歌」

『エディット・ピアフ~愛の讃歌』(監督:オリヴィエ・ダアン)という映画を観てきたのである。フランスの国民的人気歌手エディット・ピアフ(1915ム1963)の生涯を描いた2時間20分の大作である。筆者はまるで予備知識なしに行ったが、たいがいの人は「愛 ...



映画「エディット・ピアフ 愛の讃歌」(217)

この映画はフランスの歌姫エディット・ピアフの伝記映画であるが、ありふれた伝記映画のならいに逆らった異色のドラマだ。普通だったら、その生い立ちから亡くなるまでを客観的に描くとか、老境にあって過去を回想する形式でドラマが展開するものだったり ...



映画「エディット・ピアフ『愛の賛歌』」

ピアフチケット\\\" エディット・ピアフの「愛の賛歌」を観ました。 リアルエディットは観たこともないし歌も聴いたことが無いけれど、 時代背景と生い立ちと自由人な両親と個性の強烈なピアフの性格が、 なんとも印象的でした。 ...



エディット・ピアフの命日

映画『エディット・ピアフ?愛の讃歌?』が現在上映中のようですが、今日、10月11日は彼女の命日(1963年)。 以前もご紹介したのですが、プーランクのピアノ曲集15の即興曲の15番が「エディットピアフを讃えて」。ただ、この曲は、ピアフ存命中の作品 ...



エディット・ピアフ?愛の賛歌?

「愛の賛歌」はあまりにも有名ですが、エディット・ピアフのことは まったく知りませんでした。 大道芸人の父と 路上で歌って日銭を稼いでいた母との間に生まれ、一時は失明の危機もあり、聖テレーズへの祈りによって、目が見えるようになり、生涯 祈り ...



「エディット・ピアフ」?愛の賛歌?

エディット・ピアフ ?愛の賛歌?あらすじ(goo映画より)1915年にパリのベルヴィルで生まれたエディットは幼くして両親と生き別れ、祖母が営む娼館に身を寄せる。一度は失明したものの奇跡的に回復し、後に大道芸人の父に引き取られ、日銭を稼ぐため ...



エディット・ピアフ~愛の讃歌

「エディット・ピアフ~愛の讃歌」を観てきた。素晴らしい映画であった。 ピアフ役のマリオン・コティヤールが実に素晴らしい。 舞台で倒れた後、「お願い、歌わせて。歌っていないと自分が自分であることを確かめられないの。」と泣いて訴えるシーンが一 ...



サヴァ~コマンテレヴ? エディット・ピアフの生涯

エディット・ピアフはわずか47歳でこの世を去ります。 その間、『愛の賛歌』をはじめ、様々な名曲を残します。 あまりにも早すぎる死は、 魂を削って歌っていたからでしょうか、 薬や酒のせいでしょうか、 濃密な人生を歩んで逝きました。 ...



エディット・ピアフ

映画『エディット・ピアフ?愛の讃歌』を見た。少女時代のことについてはよく知ら...



エディット・ピアフ

エディット・ピアフという人のことは全く知らなかったんだけど 愛の賛歌という歌はよく耳にするので なんとなく見に行ってきました。 エディット・ピアフ 48歳で亡くなったようですが、老婆のようでした。 映画の進行が、いろいろな時代なので 解り ...



映画『エディット・ピアフ愛の讃歌』

ピアフを演じる主演マリオン・コティヤールは、 「プロヴァンスの贈りもの」に出ていた人。 壮絶な人生だったとは聞いていても、シャンソンっていうと、 けだるいくらいのイメージがあったのだけれど、 彼女の演じるピアフは、〈全身演歌〉のような、 ...



「エディット・ピアフ愛の讃歌」は、やはり、この秋大人の映画

今日(10日)、前々から観たかった「エディット・ピアフ 愛の讃歌」を観てきた。実は、先日、試写会で観る機会があったのだけど、映画の途中、ちょっとした仕事話で、客席を出なければならなくて。(厳密に言えば、本来、まさかの! ...



『エディット・ピアフ?愛の讃歌?』(原題:La M?me)

エディット・ピアフについては、「愛の讃歌」「バラ色の人生」を唄った世界的な歌手くらい程度の知識でした。 この映画を観て、その劇的で壮絶な人生に驚かされました。 どんなに打ちのめされても歌い続けた彼女。彼女にとっての歌は愛であり人生そのもの。 ...



[映画]エディット・ピアフ ~愛の賛歌~

[エディット・ピアフ ~愛の賛歌~] 普段ROCKばかり聴いているワタシにはあまり縁のないジャンルではるけれど壮絶な人生と、鬼気迫るような歌は初めてジャニスを聴いたときの感動に似たものがありました~。 観終わった後、感想というよりは率直に ...



映画「エディット・ピアフ」

映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」を観ました。 エディット・ピアフはフランスを代表するシャンソン歌手。 波乱万丈の人生を送った歌姫である。 生まれは貧しかった。幼少期には失明をするが奇跡的に回復する。 9歳の時に街頭で初めて人前で歌い、父 ...



エディット・ピアフ ?愛の賛歌?!!

連休最終日。この連休で一番見たかった映画を見ました。それは『エディット・ピアフ ?愛の賛歌?』です。テレビCMでも流れていたのですが、歌がとても素...



10月11日(木) エディット・ピアフ

先日、映画「エディット・ピアフ」を観に行ってきました。 良い意味でフランス映画だな~~と。 欧州独特の、観る側に媚びていない、 重たい部分はしっかりと重たい描き方...それがシャンソンをより際立たせていた感じです。 ...



映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」

エディット・ピアフも、現実とぶつかり、戦う人生を選び、死んでいった。 祖母の経営する娼館で娼婦たちにかわいがられて育ったおどおどしたエディットはいったいいつから「戦う女」になったのだろう? おそらく、自分の歌う才能に気付いたときから。 戦. ...



『エディット・ピアフ?愛の賛歌?』 をレイトショーで。

このあいだの土曜日。映画的ホームグラウンドになりつつある らら横のTOHOシネマズで。クローズド・ノートを見たときに 「次はコレね」 って話をしてて そのあと何の話題にも上らなかったから忘れてるのかな?って思ってでもジブンから 「今日、行かないの ...



エディット・ピアフ

ピアフ重たい映画でした シャンソンはヒトを語ると申しますが重すぎました。映画を見て疲れて昼寝をしてしまいました。とても、討ちのめされたからです。 ヒトは綺麗ごとでは語れない・・・大人の人生はスゴイ! 熟年夫婦?と思しきペアの多いこと。 ...



一四一本目 「 エディット・ピアフ 」

【友だちのMixi日記に書き込んだレスですぅ】 遅ればせながら観てまいりました。 普段ボログで「圧巻」やら「圧倒」やら「重厚感」やらの用句を安易に多発してしまったことを後悔。 つまんね~チャンネーの生涯なぞらえただけの作品が、なんで ...



エディット・ピアフ 愛の賛歌

とても悲しい人生だったんだなあ・・・予告編では「愛の賛歌」を聴いただけで涙が出そうになって、劇場に行ったのだけれど、なんだか悲しすぎてあまり涙は出なかった。 幼い頃から大切な人たちと引き裂かれっぱなし。せっかくであった生涯の恋人も飛行機 ...



10/7-9日記(映画「エディット・ピアフ」)

嫁と映画「エディット・ピアフ」観る。 ・最近見た映画では好きな方。ただ嫁は大いに気に入らなかったようである。 ・たしかに映画としてはあまり良い出来ではないかもしれない。エディットピアフの子供時代、最盛期、晩年のシーンが交錯するような構造に ...



久しぶりに映画

連休に借りてきた映画のDVDのうち、「エディット・ピアフ~コンサート&ドキュメンタリー~」には胸を打たれ、もう1本はBS2で見た「ラヴェンダーの咲く庭で」。久しぶりに映画らしい映画を見たという印象を持った。 「エディット・ピアフ」の映画 ...



エディット・ピアフ 愛の讃歌 壮絶な人生

エディット・ピアフという名前はもちろん知っているし、彼女の曲も何度も聞いたことがある(彼女自身の歌唱かどうかはわからないが)。 しかしこんなにすさまじい人生を歩んだ人とは知らなかった。 わずか47歳で死去、しかし死に際は弱りきって百歳にも ...



[映画]エディット・ピアフ 愛の讃歌

圧倒されたのは、主演女優マリアン・コティアールの演技にか、エディット・ピアフその人の人生のテンションの高さに、か。あるいは単純に、連発される高圧力・中年女性フランス語に酔わされただけかもしれないけど。 印象に残ったのは、まず、エディット ...



エディットピアフ-愛の賛歌

エディットピアフ 見てきました 好きか嫌いかと言われるとよく分からない[emoji:i-201 というのが正直なところ。 というのも私薬中・アル中映画が苦手なんです 決して見ていて気分がいいものではないし。。。 このエディットピアフはもう映画の最初から最後まで ...



エディット・ピアフ?愛の讃歌?

「エディット・ピアフ?愛の讃歌?」 先日公開されたので観て来ました?♪ 47年の生涯が綴られた映画です。 エディット・ピアフの歌声はなぜか心に響きますよね?♪ 喜び?幸せ?懐かしさ?心にどんどんしみいるように伝わってきます?♪ ...



シャンソン「エディット・ピアフ」

1963年に47歳でこの世を去ったフランスのシャンソン歌手エディット・ピアフの生い立ちを描いた感動作『エディット・ピアフ 愛の賛歌』(2007年9月29日(土) より公開)が現在封切られている。 昨日、自宅でDVDで「エディット・ピアフ シャンソンの誕生」を観 ...



エディット・ピアフ愛の賛歌

エディット・ピアフっていう人は、 今はもう亡くなられているフランスの歌手です。 エディット・ピアフについての記事⇒コチラ なんていうか、彼女の一生って、 悲しいことと、嬉しいことが交代にやってくるのね。 最後は、薬物中毒になってしまって ...



雨の休日。 エディット・ピアフとの出会い。

雨の中の散歩の途中で「そうだ、映画でも見に行こうかな」と思いつき、妻を誘って「エディット・ピアフ 愛の讃歌」を見に行きました。 感動し、そして泣きました。 映画を見終わった後、感動でしばらく座席から立ち上がれませんでした。 ...



エディット・ピアフ~愛の讃歌~

10月10日はピアフの命日・・・



加藤登紀子がエディット・ピアフを熱唄

10月6日、有楽座にて『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』公開記念トークショーを開催。加藤登紀子によるミニライブが行われた。加藤登紀子は「バラ色の人生」「愛の讃歌」の2曲を熱唄。そこにエディット・ピアフが舞い降りたかのような白熱のステージで、 ...



映画「エディット・ピアフ ~愛の讃歌」

話題となっている「エディット・ピアフ ~愛の讃歌」を観てきました。 母方の祖母に預けられ、その後は父方の祖母(娼館を経営)に預けられ・・・という6歳頃から始まりますが、晩年の話や幸せだった時代やら、色々な年代の話がアトランダムに差し込ま ...



エディット・ピアフ ?愛の賛歌?!!

それは『エディット・ピアフ ?愛の賛歌?』です。 テレビCMでも流れていたのですが、歌がとても素晴らしいです。 普段全然音楽を聴かないのですが、こういうのは大好きです。 前々職ではPOPなどが流れていましたがシャンソン、カンツゥオーネなど好 ...



エディット・ピアフ?愛の讃歌

映画「エディット・ピアフ?愛の讃歌」を観てきた。 日本でも「愛の讃歌」は越路吹雪の代表作でこの歌を知らない人はいない程の有名な曲であるが、この曲の生みの親が、世界の歌姫エディット・ピアフなのである。 この映画は歌と愛に生きたピアフの47 ...



エディット・ピアフ

音楽会の観衆をまたせながらも、楽屋にとじこもるエディットが、ティティアーヌが、エディットと同じ部屋にとじこもり、今日だけは客をとりたくないと、叫ぶ場面とかぶさって見えて仕方がなかった。 美人でも、セクシーな身体でもないけど、歌、声の ...



エディット・ピアフ 愛の賛歌

エディット・ピアフ 愛の賛歌 ★★★. 「愛の賛歌」など数々のシャンソンの名曲で. 世界中を魅了したエディット・ピアフの生涯を描いた映画。 実はエディット・ピアフを全然知らなかった。 友達に誘われて見に行きました。 そして、エディット・ピアフの ...



「エディット・ピアフ 愛の賛歌」

歌のシーンは、すべてエディット・ピアフ本人の歌声。 エディット・ピアフが歌う、♪愛の賛歌については、昔「知ってるつもり」というテレビ番組で見たことがある。その時、♪愛の賛歌という歌の本当の意味とエディット・ピアフの歌声を知って、感動した ...



「いまこそエディット・ピアフ!」加藤登紀子が究極の愛を込めて歌う ...

いまなお名曲の数々が歌い継がれる伝説の歌姫、エディット・ピアフの生涯を綴った映画『エディット・ピアフ ?愛の讃歌?』。本作の公開を記念して上映劇場の有楽座では、10月6日(土)の本編上映前に、日本を代表するシャンソン歌手である加藤登紀子 ...



エディット・ピアフ

ピアフが亡くなったあとも折々に歌を紹介され私は主にこの番組でピアフを知りました。 芦原さんもピアフだけは特別扱いであったように記憶しています。 今、改めてふり返っても芦原さんの目は確かであったのですね。 晩年のピアフ、死後のピアフは人気も ...



エディット・ピアフ ~愛の讃歌~

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ エディット・ピアフは生まれたときから死ぬまで強烈で壮絶な人生を送った歌姫でした。 この映画。 始まりから終わりまで「強」な印象。 みそじん、観終わった後、魂抜かれました。 エディット・ピアフと言えば、「愛の ...



エディット・ピアフ~愛の讃歌~

この映画でピアフを演じたマリオンがどれほど似てるのかは分からないけど、 「熱演」という言葉がぴったりくる、鬼気迫る演技で、 幼少期からの晩年までのエディット・ピアフという人物像がまったくブレることなく表現されていて、彼女の人生を垣間みる ...



エディット・ピアフ 愛の賛歌

予定なしの祭日、久々に見逃せない映画「エディットピアフ愛の賛歌」 先にチケット買いに行って妻と上映時間に待ち合わせ。 シャンソンの巨星。生でも画像でも見たことはないが、強烈な歌は皆知ってるが、あまりなじみのないシャンソン。 ...



エディット・ピアフ~愛の賛歌~

2007年、フランス・イギリス・チェコマリオン・コティヤール、ジェラール・ドパルデュー、パスカル・グレゴリーフランスのシャンソン歌手、エディット・ピアフの波乱に満ちた人生を描いている。 もう、すごいです! なんというかこんな波乱万丈な人生が ...



エディット・ピアフ―愛の讃歌

「エディット・ピアフ―愛の讃歌」 “女の一生”“女優魂”―こういうと、文学座の杉村春子さんのことをいっているようになってしまうけれども… 映画で描かれていたのは、ピアフ・フアンの印象に残るピアフ像ではなく、マスメディアによって形作られたピアフ像 ...



スポンサーサイト
Copyright © 最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第二倉庫 ドラマ・映画・TVとラジオ番組 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。